トップ

健康診断でわかる血糖値

健康診断の血液検査

サンダル

健康によい血糖値とは

血糖値は健康診断などの際血液検査をしますが、その血液検査の中にこの項目があります。血糖は血液中にあるブドウ糖の事を指します。特徴として食事をとると値が上がります。そのため血液検査では空腹時の血液を採取しています。血液にあるブドウ糖はインスリンによって健康をつかさどるエネルギーに変えていますが食べ過ぎると分解されず血液中に残ってしまいます。そのため、高血糖となり生活習慣病を引き起こすなど症状が出てきます。適正な血糖値にするにはバナナや玉ねぎ、ごぼうなどの根菜類、大豆製品等を食べると下げることができます。正常値は80から100すので食べ過ぎに気をつけて生活をするようにします。

生活と血糖値の関係について

体内に取り込まれた糖分は、膵臓から分泌されるホルモンであるインスリンによって細胞内に取り込まれます。このインスリンの働きによって健康を維持しているのですが、インスリンが十分に作用されない状態では、高血糖となり、糖尿病などの生活習慣病のリスクが高まってきます。血糖値は炭水化物や糖分の過剰な摂取の他、睡眠不足や風邪、ストレスを感じている時に上昇すると言われています。血糖値を維持するためには、食事のバランスを考え、規則正しい生活を送ることが大切です。また、ストレスを溜めすぎず、リラックスできる時間をつくることで、健康を保つことができます。

↑PAGE TOP

© Copyright 健康診断でわかる血糖値. All rights reserved.