トップ / 摂食障害克服と周りの協力

摂食障害克服と周りの協力

摂食障害克服のために

サンダル

摂食障害を克服しよう

近年10~20代の若い女性を中心に、摂食障害の患者が増加しています。その背景には、痩せていることが美しいとするメディアの影響やストレス、家庭環境など、様々な要因があり、患者それぞれで異なります。さらにその症状も1つではなく、過食のみや拒食のみ、過食の症状を経て拒食になるケース、あるいはその逆、拒食と過食の混合型など幅広く知られています。摂食障害を自分1人で克服することは難しく、周りの協力が必要不可欠です。もしこのような症状で悩んでいる場合は、一人で抱え込まず信頼できる治療者や仲間へ相談することも大切だと言

思春期外来とは 主な症状

思春期外来とは、児童思春期の患者を対象として、精神医学的な問題を取り扱い医師や臨床心理士などが連帯してその症状の治療や相談にあたってくれるところです。主な症状としては、自閉症や不登校、引きこもり、摂食障害、統合失調症、適応障害、身体表現障害などがあげられます。思春期外来では問診や検診などによる診断だけでなく、必要に応じて薬物療法やカウンセリングなどの治療を行い、家庭や学校、児童相談所などの関係機関と連帯をとりながら治療が進められます。

↑PAGE TOP

© Copyright 健康診断でわかる血糖値. All rights reserved.